留意事項


【資料代の事前入金について】

資料代の事前入金は、10月15日(月)までです。それ以降は、当日受付の資料代となります。

事前入金をする場合は、お手数ですが申込フォームでの申込をお願いいたします。

 

【受付について】

1 御入金済みの方は、 10時15分からご入場できます。「本受付」という表示にお進みください。

  その際、本受付番号とお名前をお話しください。

2 仮予約の方は、10時30分からのご入場となります。ご了承ください。

  「仮予約受付」という表示にお進みください。

  その際、仮予約番号とお名前をお話しください。

3 仮予約になっている方で、すでに御入金の方は、「本受付」の方へいらしてください。

  その際、お名前をお話しください。

4 当日受付の方も10時30分からのご入場となります。

  「当日受付」という表示にお進みください。

  当日受付用紙に「お名前」「ご職業またはご勤務先」をご記入ください。

  その後、資料代をお支払いください。

5 仮予約と当日受付の方に関しては、満席の場合は、消防法の関係上、ご入場できない場合

 がございます。どうぞご理解ください。

 

【駐車場について】

岩手県医師会館の駐車場は利用できません。
職員の方や、別件で医師会館を利用する方の駐車場になるためです。
岩手医師会館周辺の駐車場をご利用ください。

 

【座席にについて】

座席は、自由席になります。
できるだけ前からお掛けくださいますようお願いいたします。

満席を予定していますので、ご友人・ご同僚などの御席の分を確保されることはおやめください。

前の方が、模擬授業やスクリーンの文字が見やすく、講演の声が聞きとりやすくなります。
本受付(ご入金した方)で満席になった場合には、当日受付ができない場合があります。
ご了承ください。

初対面の方が隣席になることが多々あるかと思います。せっかくの機会ですので、ごあいさつ等

をなさり、お知り合いになられるとよいと思います。

 

【昼食について】

会場付近には、様々な食事場所があります。
昼食時に外に出られることも可能です。
お気を付けてどうぞ。

 

【会場での飲食について】

大ホールでの食事はおやめください。ロビーなどでの飲食は可能です。
大ホールでは、飲料だけは可です。

昼食会場として、100名ほどが入ることができる部屋を用意しています。
そこでは飲食可能です。

飲食で出ましたごみなどは、お手数ですがすべてお持ち帰りください。

施設内のゴミ箱などに入れないでください。お願いいたします。

ただし、自動販売機で購入しました飲料については、備え付けの回収箱などをご利用ください。

 

【トイレのご利用について】

トイレは、全館ご利用可能です。

廊下を歩く際には、働いている方々のためにも大きな声での私語は謹んでいただきますよう

お願いいたします。

 

【会場での写真撮影などの記録及びPC使用について】

会場内での写真撮影・録画・録音はおやめください。すべてスタッフが記録いたします。
また、PCなどIT機器による記録もおやめください。

 

【会場内での携帯電話の使用について】

会場内では、携帯電話の電源をお切りになるかマナーモードにしてください。

 

 

【スタッフによる写真撮影について】

当日の会場では、スタッフが写真を撮影し、ビデオを録画します。
写真は、後日御礼新聞を作成したり、HPに掲載したりする基本データになります。

撮影がお困りになる場合には、スタッフにお知らせください。

 

【教えて!杉山先生 Q&Aの質問形式について】

セミナーの最後に杉山先生にお聞きするQ&Aがございます。

ご質問の方法などは以下のとおりです。

1 時間が限られておりますので、全員のご質問にはお答えできないことが予想されます。

  あらかじめ、ご理解ください。

2 ご質問のある方は、挙手をお願いいたします。コーディネーターが指名いたしますので、

 大ホール中央のスタンドマイクまでお進みになり、ご質問をお話しください。

3 ご質問のある方は、お手短にお話しになりますようお願いいたします。

  できるだけ多くのご質問にお応えしたいと思っております。

4 コーディネーターが指名する際に、「赤い洋服をお召しの方」「中央の御座席のめがね

 をおかけの方」などと話す場合がございます。失礼な物言いになってしまう場合があるか

 もしれません。ご了承願えればと思います。

5 少人数の会場であれば、QA用紙を配付してご質問を書いていただくのですが、300名と

 いう皆様に書いていただくと、すべてのご質問にはお答えできない数のご質問にのぼるこ

 とが十分予想されます。

  そうなると、お答えが得られないのに書いていただいた皆様には、大変失礼にあたりま

 す。そこで、今回のようなご質問形式にいたしました。ご理解のほどよろしくお願いいた

 します。